検索
  • Etsuo Matsumoto

ゲート(門あるいは非常口)Gate for Emergency Exit

最終更新: 3月14日

(English translation follows the Japanese Version)


ヘッジファンドに投資する時に特に注意して見なければならない条項に”Gate”というのがある。Gateとはもちろん門のことだが,これだけでは意味不明だと思います。実はゲートとは,ファンドに投資している投資家から大量の解約請求が来た時に,ファンドの投資ポジションが歪む,あるいはファンド自身が出す大量の売り注文でその金融商品の価格が大幅に下がってしまうおそれがある時に投資家が解約できる金額にファンドが制限を掛けることが出来るという条項です。流動性の低い金融商品にファンドが投資している場合は,自分の売りで値を崩してしまうこともあり,理屈としては良いのですが,これを投資家の解約を抑制することに使う可能性もあり,投資家としては注意すべき条項です。

リーマンショックの時は,この条項で投資家が投資金の回収が出来なくなったケースが多くありました。

流動性の低い金融商品に投資する時は,投資を回収しようとすると自分で自分の投資している金融商品の値を崩してしまう可能性があり,気を付けないといけません。東証に上場しているETFでも出来高がとても少なくて,ごく少額(10万円程度)でも値が大きく動く可能性のあるものもあり,流動性という点でETFだからと言って安心出来ません。


Gate for Emergency Exit


We have to be careful about the Gate Clause when investing in Hedge Funds. Literally Gate means Exit but in this case the hedge fund can restrict their investors demand for the liquidation of the investment-at the fund managers' discretion saying the liquidation would harm the value of the particular financial products by putting outsized sell order. If the fund have a large portion of a less liquid product, their sell order by itself lower the price substantially that would be the logic by the fund to restrict the investor's liquidation request. Lots of hedge funds did used this clause to limit the investors liquidation demands at the Lehman Crisis.

When we invest in less liquid financial products, we have to aware that small amount of sell order would lower the price. Some of the listed ETFs have very small trading volume so that even the small order of around ¥100,000 may cause a big move of its price.

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す