検索
  • Etsuo Matsumoto

サイズの小さい国内株式投信の実績比較は意味ない~ There's no point to see the ranking of domestic funds

(English translation follows the Japanese version)

日経新聞に随時,国内株式投信の実績比較記事が出る。先日は「下落相場に強い投信」ランキングが出ていたが,このリストをじっと見ながら,このランキングに意味があるのかと思ってしまった。このランキングは過去3年間の最大値下がり率が低い順に並べているが,未公開株にも投資している投信も含まれていて,更に投信のサイズが小さい(50億円程度)ものが多くて,ちょっと成績が悪くなって投資家が資金を引き揚げたら,償還になってしまうようなサイズではないかと思います。まぁ,いずれにしても,日本の国内株式投信はサイズが米国籍のファンドに比べて平均が111億円ということで,小さすぎて本当に投資する価値があるのか疑問に思うのは私だけでしょうか。

投資の初心者に「下落相場に強い投信」を手掛かりに売ろうとするような金融機関は要注意です。


There's no point to see the ranking of domestic funds

The Nikkei news paper periodically reports rankings of investment trusts based on various factors. Last week the ranking was " Lowest maximum drawdowns for the past 3 years" (sorry for my poor translation). I had no idea how to use this ranking for our investment even though gazing at the ranking for a while. First of all the size of the funds are rather small (around ¥5Bil.) so that there is the risk of full redemption even in the short term.

We have to be careful not to follow the sales talk of some financial institutions saying "these funds are on the ranking for the lowest maximum draw downs for the past 3 years!!".




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す