検索
  • Etsuo Matsumoto

ジョブ型採用ー定年制廃止で皆んな幸せになるのか? Job specific employment & No retirement age - Is it good for all?

(English translation follows the Japanese version)

 仕事の職種に特化したジョブ型採用をこれから働く若い世代の雇用形態として,会社にしばられない,それぞれの人の得意な分野で能力を生かしていく働き方で,これからの働き方になるとの議論が盛んですね。さらに,その様な働き方であれば定年制は廃止されると言われている。

確かに日本以外の国というか,アジアでも欧米でも職種を指定せずに採用して,定年まで勤めるという働き方は珍しいですね。基本的に働くということは,自分の得意な分野の能力を磨いて,それを基に雇われたり事業をしたりと言うことだと思います。自分の能力が労働市場で少しでも価値がある間は働ける訳で,その意味では定年は自分で決めることになります。

 日本でこのような働き方が主流となったら,果たして幸せな人が増えるんでしょうか?他の国,特に英語圏の人たちの働き方を見ていると,そうなるかはわからないと思います。確かに,時流に乗った事業で更にその事業にとても役に立つ能力を持った一部の人は,会社を次々に移ったり事業を興したりして,収入が増えて自己実現も可能になりますが,それ以外のごく普通の人達は収入が頭打ちになるか減ったりして,かなり厳しい状況になるかもしれないです。つまり,英語圏の国々のように格差が拡大して,社会が不安定になるリスクがあるのではないでしょうか。とは言え,日本は世界経済の中で競争をしていかなくてはならないので,ジョブ型採用で能力のある方々にはどんどん活躍してもらわないと競争に取り残されていくだけで,かなりの部分は格差の拡大を許容しないといけないですね。それが日本全体の合意となるかは,これからの若い世代の皆さんの覚悟に掛かっていて,是非,頑張って欲しいです。


Job Specific Employment & No retirement age - Is it good for all?

There is a kind of media hype in Japan that we have to adopt so called "Job Specific Employment". In the western countries this is rather common that employees are hired based on the job descriptions. But majority of Japanese companies hire new recruits without such specific terms. Young recruits are trained internally by rotating various assignments. But the system may not good for the people who want to get the specialized skills that are useful for other companies thereby they could change their employer for higher pay or start their own business. "Job Specific Employment" would fit quite well for those young business people who have specialized skills or talent. For them there should be no retirement age. So long as the skills or talent can be sold in the market, they can work regardless to their age.


If this type of employment becomes rather common in Japan, not everybody would be happy. In western countries, there is huge gap in peoples' wealth and that would be the kind of driving force of social instability such as racial hate crime, radical political movements etc. But the Japanese companies have to compete in the world economy by adopting the similar employment practice otherwise we would be left behind in the competition. I really hope that young Japanese business people would try and take advantage of "Job Specific Employment".

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す