検索
  • Etsuo Matsumoto

テーマ型投信に手をだすな Don't be fooled by Themed funds

(English translation follows the Japanese Version)


テーマ型投信に手をだすな

日本の投信業界は手数料稼ぎの為に,はやりのテーマを打ち出した投信を次々と設定する。

少し前はAIで最近はESGがテーマになっていますね。


でも,テーマ投信が設定される頃にはそのテーマの賞味期限と言うか,収益の機会は既にピークを過ぎている可能性が高いと思います。なぜなら,そのテーマを金融機関が個人投資家に売り込むときに使う関係銘柄の騰落は流行りのテーマとなった時から値上がりしている訳で,「最近,このテーマは値上がりしているんですよ~」という売り文句になる訳です。

セールストークとして,「最近,このテーマは値下がりが続いているから買い時です」とは言い難いとは思いますが,テーマ型投信への投資には本当に気を付けないといけないです。


そして最後の決め台詞「投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします」


Don't be fooled by Themed funds

The sales tactics of Japanese Fund Managers is infested with advocating Themed funds. The themes was AI related and now ESG.


But at the time of sales hype by financial institutions to sell the theme, the peak for the related names may have already passed as the sales people use the past statistics of the names, saying " The theme related names have soared as you see !". It is understandable that sales people have difficulty to persuade investors by showing the names with declining price but we have to be careful and should not touch or invest in Themed funds.


And the last words by sales people is always: All investing is subject to risk, including the possible loss of the money you invest.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す