検索
  • Etsuo Matsumoto

ペントアップディマンド(抑圧された消費需要の危機克服後の爆発)は日本で起きないのか?There would be no pent up demand in Japan-Really???

最終更新: 3月14日

(English translation follows the Japanese Version)


先日のTVでアナリストが「日本では今回はペントアップディマンドは起きない,なぜなら日本ではコロナ禍で所得が減少している世帯が多く,危機後に消費する力が期待できないから」とコメントしていた。

本当にそうだろうか??若年層でも,所得の低い層でもコロナ禍で我慢を強いられているのは,誰でも同じ。コロナ禍が克服されて富裕層がそれまでに抑えてきた消費を爆発させれば,景気が急激に回復し,それが意外と早く全ての所得層に浸透していくのではないか。所得が上がれば誰でもこれまで我慢していた消費をしたくなるのは自然の成り行きではないかと思います。

コロナ危機後の消費爆発の可能性を排除するのは,まだ早いのではないでしょうか。


There would be no pent up demand in Japan-will it be really the case???

A financial analyst commented on a Japanese TV program that there would be no pent up demand after this Corona Crisis in Japan because lots of Japanese house holds are suffering from the serious reduction of income.

Will that be really the case??

Everybody in the country are suffering from the restriction on spending for eating out, travelling and so on. Once the restriction is lifted, higher income people will spend freely and their demand will explode even in Japan. That demand will pull the economy up and it would spill over to the lower income group sooner than expected. Once their income increase, they will naturally spend as much as they can. It may be too early to dismiss this scenario now.

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す