検索
  • Etsuo Matsumoto

今回の株価急落ー妙な安心感

先週末の株価急落で妙な安心感がある。

急落前には,こんなんでいいんか?というような急騰=自分のポートフォリオの含み益の急増があって,気持ち悪いな~と感じていました。ここで,急落という調整が入って,ま~相場というのはこんなもんだろうな。。。という気持ちがあって,含み益が減って残念というよりも,これから相場が長持ちしそうだなぁという妙な安心感があります。

行動経済学的には,人間,損の方が気になるのでしょうけど,このところ含み益が急増しても急減しても,なにか自分のポートフォリオなのに他人事みたいな感じで,それはそれで,投資の時間軸で中長期的には良いのかもしれませんが,面白くないですね・・・。今週もマーケットは乱高下をするのかと思いますが,そこは面白いというか,ワクワクします。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す