検索
  • Etsuo Matsumoto

元本保証の投資?それでいいんですか?Investment with 100% secured redemption at maturity - Is that OK?

(English translation follows the Japanese Version)

一部の投資信託は債券投資だけでポートフォリオを組んで,元本の回収が100%可能で安全と見えるようなものもありますが,たとえ国債だけに投資したとしても今の金利情勢では円建てだけでは収益が全然取れないし,投資する国債が10年超とかの長期になれば,市場金利が上がった時にその投資信託を売って回収しようとしても,国債の値段が下がっていて元本割れになります。表面上は10年以上その投資信託を持っていれば,国債が償還されて100%元本は戻るかもしれませんが,その間は資金が寝てしまい機会損失が大きいのではないでしょうか。投資で損をするリスクが怖くて,元本確保の投資に固執するとかえって,損をすることになりかねないですね。

You may be attracted to the Investment Trusts that look very secured with investing Higher Rated Bonds. But in this very low interest environment, your expected return would be almost nil by investing Japanese Government Bonds (JGB). Moreover if the investment is very long dated JGB like more than 10 years, you may suffer loss in case you want the early redemption of you investment. You could still expect 100% recovery of your investment in the Investment Trust at the maturity of the long dated bonds but you would lose the opportunity cost by keeping your money in the fund for long years.

Too much fear for the loss of investment may end up in investing long dated bonds, thereby increasing the risk of losing money in case of early redemption.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す