検索
  • Etsuo Matsumoto

同じ船に乗ってますかぁ?Are you on board of the same boat?

(English translation follows the Japanese version)

中国アリババ(Alibaba)グループのファイナンス会社アントファイナンシャル(Ant Financial)のビジネスモデルに中国規制当局の厳しい取り締まりがあった。当初のニュースの内容だけを見ると,当局が突然,態度を変えて規制を厳しくしただけとの印象を受けたが,ニュースの続報から判断すると当局の規制も止む無しなのではないかと思えてならない。同グループは,ネットでの消費者の消費行動からその消費者の信用度を格付けしてお金を貸して,その債権をほとんど銀行に譲渡し利ザヤを抜くのがビジネスモデルで,実際のアントファイナンシャルのリスクは表面上の債権額の2%しかなかったとのこと。貸出が焦げ付くリスクの98%を与信情報を十分持っていない貸出債権を買った銀行が負担する訳で,アントファイナンシャルからしたらリスクが低くて儲かるビジネスモデルでしょう。これを放置しておくと,中国の銀行は貸出が焦げ付くリスクを積み上げてしまうことになります。これはビジネスモデルとしては,一方だけが得をする不公平(unfair) なもので銀行の経営基盤を揺るがす,と当局が判断したのも理解できます。


ヘッジファンドに資金を出す際の信用度分析で,当該ヘッジファンドの運用者が自分の資金をそのファンドにどれくらい入れているか,も判断の要素の一つとなっています。つまり,運用を委託してくれる人と運用する人の利害が同じ方向を向いていることも重要な判断基準です。これは,両者が同じ船に乗って,浮くのも沈むのも同じ運命を共にすると言うことです。マーケットと言う荒海に乗り出すときに,自分の船に自ら乗らない船長に乗客の命は預けられないですよね。自分は陸に居て荒海のリスクを取らない運用者に,命の次に大事な自分の資金を預けるのは嫌です。これは,自分のお金を投資する時に,手数料をしっかりとるだけと言う態度の銀行とか証券会社に相談しないようにすることに似ていると思います。


Are you on board of the same boat?

Chinese Monetary Authority have made quite severe clamp down on Ant Financial which is Alibaba Group's financial arm. At first I thought this would be another arbitrary act by the authority. But as I got second and detailed report on the news, I now think that the authority had to act on the company for the sake of the stability of the country's financial system. The group took full advantage of the dominant position of the e-commerce by analysing their customers' payment records, preference for buying goods etc and use them for advancing consumer loans. They then sell the loans to local banks and keep only 2% of the exposure i.e. credit risk. The local banks have to take 98% of the credit risk without having enough credit information of the borrowers. For Ant financial it's low risk high return business but if the situation left long time, that would destabilize the financial system as the local banks may suffer big loss from loan defaults. The authority might find that this business practice is quite unfair and cause serious damage to the banking system.


The same logic have been applied in evaluation process of hedge funds. That is whether and how much of the fund manager put her/his money in their fund. It is very important the investor and the fund manger share the same interest and risk. In other words, whether the fund manger is on board of the same boat to share the same destiny on the rough sea. The captain have to be on board with the passengers. We have to be careful not to leave our precious money to those security companies or banks who are only interested in getting commission from us without taking the risk on the market.







1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す