検索
  • Etsuo Matsumoto

外貨預金キャンペーンに騙されないよ Cheating on Int Rate-Don't compare Apple with Orange

(Englsish translation follows the Japanese Version)

今朝受け取った某メガバンクの外貨預金勧誘広告で,優遇金利!1カ月物ドル預金3.5%(年利),預入時の為替レートは外為市場実勢レート,というのがあります。その売り文句が,「資産を守るために外貨を」だそうです。ちょっと待ってほしい。

これは,取引の実態を隠して売り込みをしているのではないでしょうか。リンゴとミカンを比較して,リンゴがいいですよ~と言っているみたいです。つまり,1カ月の金利が3.5%と言っても,これは単純に1カ月受け取れる金利を12倍したもので,1カ月の適用金利がそのさき11か月継続したらの話。実際は,1カ月の預入期間の後は市場金利になると言うことで,実際はほとんどゼロ金利ですよね。じゃあ,1カ月たったらそのドルを売って円に戻せばいいと思いますが,その時は円高になっているかもしれないし,更にドルを売る時に通常のコミッション(1ドルで1円)を取られるわけで,今の円ドルレートは108円程度なので,1円のコミッションは1%弱かかる訳。これじゃ,円からドルを買って預金する意味がないじゃないですか。まぁ,銀行も利ザヤでは儲けることが難しくなっていて,こういう儲け方をしないといけないのかもしれませんが,銀行としての信用を傷つけることになるんじゃないでしょうか???


Cheating on InterestDon't compare Apple with Orange


This morning I got an Ad from one of Japanese (so called) Mega Bank for Foreign currency deposits. It says that this is the time to preserve our assets by foreign currency investing in US$ one months deposit with 3.5%p.a. interest. But just a moment, you may comparing an apple with an orange 'cos your 3.5% interest only for the first one month and thereafter then market rate will be applied. The Ad's one month interest rate is assumed that the interest rate of 3.5% will be applied for the rest of the year (11months). In fact, the prevailing US$ interest rates for one month to 1 year is almost nil. The bank also says that the depositors will be offered real market exchange rate when they convert Yen to US$ but the depositors may have to exchange back their US$ to Yen by paying exchange commission of almost 1%!! thereby the depositors are at the losing end even though they take the risk of exchange rates.


Japanese banks are struggling to secure their profit in this extremely low interest rate environment that may resulted in this type of promotion but this type of ploy, I must say, would damage the long standing reputation of Japanese banks.

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す