検索
  • Etsuo Matsumoto

悪銭身に付かず(2)Live by the sword, killed by the sword (Completely)

(English translation follows the Japanese version)

破綻したアルケゴス・キャピタル・マネジメントのオーナー,57歳の韓国系米国人ビル・ホワンはわずか2日で純資産200億ドル(2兆円+)のすべてを失った。ここまで損失を拡大出来たというか,投機が出来たというのは本当に驚きだが,それに実質的に加担した金融機関の責任は本当に重いと思います。結局は金融機関の経営者の意識は他人の金を使って自分たちの上昇志向を満足させることだったのかと,愕然とします。ゴールドマンサックス(GS)は内部の審査部門の抵抗が強くて,アルケゴスとの取引の拡大が他の金融機関より遅れて2020年の後半になってからで,それだけに逃げ足が速かった様です。クレディスイスや野村はそれまでのアルケゴスとの取引がGSより長かったので,逃げるのが遅れたのかと思います。


それにしても,ビル・ホワンの損失は投機家は投機に生き,投機に死ぬというか殺された訳で,それも投機家の宿命なのかもしれないですね。


Lived by the sword, killed by the sword (Completely)

57 years old Bill Hwang, Korean American lost all of his fortune US$20bil.+ in 2 days. It is really amazing that he could lose that enormous money or in other words could make the huge bet. The responsibility of his financier for the failure and loss should be quite heavy. It seems the mentalities of those senior managements are that only focused on the achievement of their ambitions to be the senior managers of the big financial institutions. Goldman Sachs (GS) was reported that they joined the rank of Arkegos financiers only from the second half of 2020 because of the resistance from their credit side. That might be the reason that GS could run away without any loss. Others like Credit Suisse and Nomura were left to suffer losses as they had longer dealings with Arkegos.


This episode of Bill Hwang's debacle should again confirms " Live with the speculation Killed by the speculation". It would be the destiny of speculators.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す