検索
  • Etsuo Matsumoto

投資はまず時間軸を決めましょう~Let's decide your time horizon before your actual investment

(English translation follows the Japanese version)

余裕資金を使って投資するにしても,実際の投資の前に投資する金額だけでなく,どれくらいの期間投資するのかをじっくり考えてからにしないと,投資した後に保有銘柄の値動きに翻弄されて心理的に耐えられなくなる事が多いのではないかと思います。つまり,自分の決めた投資期間がはっきりしていないと値下がりすればもっと下がるのではないかと思って売ってしまったり,値上がりすればもう利食いしたいと思ってしまいますよね。


確かにもともと短期勝負でお金を入れているのなら,短期的に値上がりしたら直ぐ利食いするのもいいかもしれないですが,数年以上の期間投資するつまりならそのまま持っていてもいいということかと思います。


まぁ自分の投資した銘柄の値動きが気になるのは当然ですが,中長期で資産を増やすというのが目的なら,じっくり考えて,売りたい・買いたいという気持ちを抑えるというのも必要で,精神的な強さも投資の一要素でしょうね。


Let's decide your time horizon before your actual investment

In addition to your size of investment, it is quite important to decide your investment horizon before the actual investment. Otherwise your mood would fluctuate looking at the price movement of your invested stocks. That's may result in selling at the bottom of fall or selling too early at the beginning of upward trend. It would be all right to sell once the price gets higher if your time horizon is short but if your horizon is several years to go, it would be better to hold your portfolio regardless of the price rise.


Investment is a kind of mental game so that your mental strength is one of the factor to get the better result for your portfolio.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す