検索
  • Etsuo Matsumoto

監視資本主義?個人の脈と目の動きまで監視する?Surveillance Capitalism? GAFAM will take my pulses & eye movements for ADs?

(English translation follows the Japanese Version)

BBCによると仮想現実用のゴーグルから人の脈拍とか目の動きをデータとして活用し,それを使っている人の好み等を分析して売り込みに使うことを,GAFAMが計画しているらしい。おそらくそのVR用ゴーグルは安いんでしょう。でも安いものには裏があると。結局,その安さは自分に関する情報を売っているのと同じではないのでしょうか。自分の身体の情報を売ると言うのは,例えは悪いかもしれませんが,自分の臓器を売るのに似ているような気がして,とても嫌な気持ちになります。このプロセスを通して,個人の身体の情報がビッグデータとして私企業であるGAFAMに蓄積されるというのは,それが流出するリスクと公共性を考えると,許して良いのかと思います。


Surveillance Capitalism? GAFAM will take my pulses & eye movements for ADs?

BBC reported that some of the platformers are planning to collect consumers' interest in contents offers by detecting their nerve impulses and eye movements.

If the collection of the data is through a kind of VR goggles, the gadget will be rather cheap because of the catch. In other words, the user would sell his/her personal information. It's might be an exaggeration but I feel quite uneasy just like selling my organ. There must be public consensus on how far this type of data collection allowed for the platformers.


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す