検索
  • Etsuo Matsumoto

踏み上げ~締め上げ!!

何事もやり過ぎは良くないです。特に投資の世界では。。。

発行済み株式数を超えて空売り(特定銘柄の株式を借りて売却し,株価が下がったところで買い戻して差額を利益とする取引)したら,株価は乱高下するのは当然。

最近の米国市場でのGameStop株の乱高下は正に空売りをやり過ぎたヘッジファンドが思惑に反して株価が上がったので,Short Squeeze(株価が上がったことで空売りをした株を買い戻さざるを得なくなった投資家が買うことにより,株価が上昇して損失が急上昇する=空売りした投資家が締め上げられる)となって,同社の株価は1週間で7倍超の値上がりで売り方のヘッジファンドが破綻した。米国の新興個人向け証券会社ロビンフッドを通して個人投資家がSNSを通して,束となって買い向かったのが当初の値上がりの原因と言われていますが,世の中そう簡単ではないです。個人投資家の裏には超短期の利益を狙って信用買いを大規模にやったヘッジファンドがいたのではないかと思います。

乱高下の裏には,魑魅魍魎がいるということ,手を出さないのが良策ですね。。。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す