検索
  • Etsuo Matsumoto

過去のパターンに沿い過ぎた予想は役に立たない Over fitting past market trend for investment is useless

最終更新: 3月14日

English translation follows the Japanese Version


以前,ヘッジファンド投資をしていたころ,過去のマーケットの値動きを研究して,同じような傾向が現れたら,その先も過去と同じような動きを予測して投資するプログラムを組んで投機をする手法には,投資していませんでした。一見,負けようがないようにも思えますが,これはオーバーフィットと言って,なかなかマーケットに勝てないです。

過去の動きを研究して,それに自分の相場観を加味してプログラムを組んでいかないとうまくいきません。

マスコミとか投資信託の売り込みでは,過去のマーケットの動きを参照して,今後の動きを予想することも多いですが,ちょっと売り込み方としては安易です。この手の売り込みに騙されない為には,マーケットの動きはわからないということを基本にして,予想もしない出来事が起こっても甚大な損害が自分の投資ポートフォリオに起きないように,出来る限り分散投資を自分で行うことが大切です。

特に個人投資家は,機関投資家とは違い,自分で投資の時間軸を決められるので,半年とか年毎の損益で結果を求めずにじっくりと投資タイミング・銘柄・金額を分散していけます。機関投資家に個人投資家が勝つには時間軸の長さを味方に付けることが必要ですね。


Over fitting past market trend for investment is useless

When I used be working in an Investment company for hedge funds, they never invest in the strategy that follows the past market movement. This type of strategy is called "Over Fitting". To follow the past pattern of market trend looks attractive and seems never lose but it is quite hard the strategy to win over the market. For the successful investment, it is essential to add your own view in addition to the past market trend.

It is too easy going for the certain part of mass media to sell investment trust based on fully fitting the past market trend. In order not to invest in this type of ploy, we have to keep our mind that market trend is not predictable and must diversify our investment as much in timing, type of financial products, amount of investments etc to control the damage of so called "Black Swan" event.

The advantage of private investors against institutions is that our time horizon can be fixed by our self and it would be longer than the institutions who's time horizons are such as 6 months to 1 year. We could diversify the timing, products and amount of money regardless to the financial year of the institutions. That's very big advantage for private investors.

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す