検索
  • Etsuo Matsumoto

郵便局で相続の相談?冗談でしょ!ーInheritance consultation at Post Office? No joke pls!

( English translation follows the Japanese Version )

郵便局で相続の相談?冗談でしょ!

ーInheritance consultation at Post Office? No joke pls!

収益性の低下を受けて,日本郵便グループが郵便局で相続の相談を受けられるようにしたいとの同グループの経営者からの発言があった。かんぽ生命であれだけの不正をやった体質の企業で,相続に関するコンサルとしてのノウハウも蓄積していないのに,高齢の預金者との接点があるということで相続の相談で収益を上げたいという姿勢は大いに問題があると思います。

この様な経営方針を実際に行ったら,問題続出となるのは目にみえていると感じます。経営姿勢としての倫理が問われるのではないでしょうか。

Inheritance consultation at Post Office? No joke pls!

The management of Japan Post group said that they would start inheritance consultations at their post offices. This move must be quite controversial as their corporate culture is one of the reason for their illicit sales practice of life insurance products.

Moreover they lack the necessary know how for the business and start the business just for the sake of improving the profitability by taking advantage of the contacts with old depositors at Post offices.

If they push through this new business, it is obvious that lots of scandals will happen soon. It is a matter of the managements ethical responsibility.


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す