検索
  • Etsuo Matsumoto

顧客の為になるビジネスをつくりたいーほほぉ,そうでっか?"Our new business is for our clients!" Really? Who did you serve so far?

(English translation follows the Japanese Version)

今日の日経新聞に載っていた記事で,去年営業を始めた独立系金融アドバイザーのコメントが「顧客のためになるビジネスを作りたい」だと。。。

別にこのコメントを批判するわけではないですが,それでは証券業界で顧客にアドバイスしてきたあなた方は,顧客のためになるビジネスをしていなかったのですか??と聞きたいと思うのは,わたしだけではないかもしれません。

事業の発展のためには収益を上げていかなくてはならないのは良くわかりますが,その収益が顧客のためにならない投資助言から上がっていたとしたら,それで良いのかと思います。この辺が,メーカーとか小売りの業界と投資関連業界の大きな違いかと常々感じています。そして,結局は「投資は自己責任で」の決め台詞。

金融庁の取り下げとなってしまったレポート(いわゆる老後2000万円問題報告書)金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」の最後の方に記載のあるように「金融サービス提供者に求められるのは、短期的な利益ではなく、中長期の資産形成の観点からの商品・サービスの提供である。」その通りだが,そうはなっていないのが実態ではないでしょうか。


"Our new business is for our clients!" Really? Who did you serve so far?

Today's Nikkei News Paper reported about IFAs (Independet Financial Advisors) that an Executive of a newly started IFA company was quoted as "We want to build the business model that to serve our clients !"

I do not want to be fussy about those executives' comments but feel rather uneasy. Because I may not be the only one who wants to ask them " I see, for whom did you serve when you give investment advice to your client before you start your new business?"


I fully agree that IFAs have to keep reasonable profit but that should be based on their advice that serve the clients' best, not for the sake of the advisers' commission. In reality the industry's current situation is putting the advisers' interest first. And the advisers' non claim clause, that is " It is the sole responsivity of clients for the choice of investments".


As mentioned in the last part of the aborted report by Financial Services Agency in June 2019 (so called Report on Retirees' Y20mil Problem) , "What is required for the financial services' providers are the services and financial products for the long term benefits of their clients". That the right things to do, but the reality in the industry may not reflect the Agency's concern.


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソフトバンクのギャンブルに劣後債で付き合う気はないよ-There is no way to get along with Soft Bank's VC gamble by Sub Notes

(English translation follows the Japanese version) ソフトバンクグループ(SBG)が個人向け劣後債を発行すると発表した。劣後債で、発行額は4050億円、年限は35年、利率は当初5年固定で、5年後以降に変動する。 調達資金はSBGのベンチャーキャピタル(VC)の信用補完に使われて,実質的には資本扱いになる。個人投資家にとっては,予定利率2.45-3.

コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシア=今の投資テーマ? COVID/Climate/China/Cyber/Russia=Current Investment Focal Points?

( English translation follows the Japanese version ) 今週後半のG7サミットにむけて,米国の大統領報道官がテーマとして,コロナ・気候変動・中国・サイバー・ロシアの5つを上げていた。確かにこれらは,米国にとって喫緊の課題と言えるのだと思う。それと同時に,これからの投資に関するテーマとなることも結構はっきりしているのではないだろうか。今後のマーケット

G7法人税率に関する報道ーMedia reaction on the corporate tax rate of G7 nations

( English translation follows the Japanese version ) 今朝の報道でG7各国が法人税の最低税率について合意したと伝わった。実際の合意に至るかどうかについて,日本のメディアと私がフォローしている英国のメディアでは,ほとんど正反対の見通しとなっていたので,どちらの見込みが正しかったのかこれではっきりした。 やはり日本国内の報道だけで国際的な動きを判断す